前へ
次へ

債務整理で自己破産をすると車は残せないか

都市部に住んでいる人なら移動をするときに必ず車が必要でないときもあるでしょう。
普段の通勤は鉄道などを利用し、週末レジャーや買い物などだけに車を使う人もいます。
しかし鉄道の利便性が良くないところだと車が生活の足になるときもあります。
債務整理の中でも自己破産をするといろいろな資産を現金化して債権と相殺する必要が出てきます。
住宅はもちろんですが車も資産価値がそれなりにあるので保持するのが難しいケースがあるようです。
債務整理で自己破産を選ぶと基本的に車は残せません。
ただ例外がありその時は車をそのまま保有できるときもあります。
車の価値が20万未満かどうかが基準になるときがあり、耐用年数などから計算されて価値が無いと判断されればそのまま利用できます。
また他の現金資産を減らせば車の価値が20万円を超えていても持ち続けられるときもあります。
車が仕事や介護などにどうしても必要な理由があると認められた時にも例外として持ち続けられるかもしれません。

Page Top