前へ
次へ

債務整理の任意整理は債権者ごとの対応が可能

金融機関のサービスはそれぞれで異なり、金利なども各社で異なるケースが多いです。
借入の場合は金額が多くて期間が長ければその分金利が低くなることがあり、金額が少ない時は金利も高めになります。
同じ期間を同じ金額の借入をしたとしても低い金利のところもあるので、うまく借入をするといいかも知れません。
多くの借入をするようになると徐々に返済が難しくなり、そのうち債務整理を考える必要も出てくるでしょう。
任意整理をするとしたらどんなメリットがあるか知っておくと良いでしょう。
債務整理の中でも選択しやすい仕組みが任意整理で、借入額が多くないときなどに利用すると良いでしょう。
借入先と話し合いによって利息の減免などができますが、話し合いはあくまで個別に行うことができます。
つまりは一律の対応をしてもらうわけではありません。
ある業者には利息を無くしてもらい、ある業者には返済期間を伸ばしてもらう等異なる対応の選択も可能です。
法律事務所と相談しながら、自分にとっていい手続きをしてもらうと良いでしょう。

Page Top