前へ
次へ

債務整理で自己破産をしたときの退職金の扱い

夫婦が離婚をしたときに財産分与をしますが、その時に問題になるのが夫が将来受ける退職金です。
基本的には財産はそれぞれ固有のものが分けられますが、給料に関してはそれぞれで分割するのが一般的とされています。
退職金は将来夫婦生活をしていれば老後資金として使うはずのお金なので、一定額を受ける権利があるとして渡すことが多くなります。
まだ受けていないお金に対しても資産として考えることがあるので、注意しないといけないでしょう。
債務整理において自己破産を選択すると自分自身の財産は借金と相殺されます。
財産すべてがなくなることはありませんが、一部の生活費などを残してなくなってしまいます。
この財産の中には実は退職金も含まれているので、将来もらうはずの退職金も失われてしまいます。
ただ将来受ける退職金の全てがなくなるわけではなく、免責決定された時点で退職したとして受ける退職金の一部のみです。
債務整理をしたとしても一定額の退職金を将来受けることができます。

Page Top