前へ
次へ

債務整理の四つの手続きとは

借金の減額をしたり返済に猶予を持たせたりして、借金のある生活から人を救出するための手続きのことを債務

more

債務整理で自己破産をしたとき住宅に住めるか

借入にはいろいろな商品があり、比較的身近なのは住宅ローンでしょう。
多くの人が住宅の購入時に利

more

債務整理で自己破産をすると車は残せないか

都市部に住んでいる人なら移動をするときに必ず車が必要でないときもあるでしょう。
普段の通勤は鉄

more

債務整理の種類と利用できる条件

多くの場合任意整理・民事再生・自己破産の3つが債務整理といわれていますが、それぞれに当てはまる条件はあるのでしょうか。
任意整理の場合、司法書士や弁護士などが債権者と交渉をして、借りているお金の元本だけを3年で返済できるようにする形です。
利息のカットに関しては個人では決して太刀打ちできない話術が可能となっているため、プロに任せたほうがいいでしょう。
任意整理を利用できる条件としては減額したローンなどの返済が3年以内にできる人や継続して収入を得られる見込みのある人だといわれています。
支払いに関連しては、法律に詳しく、過払い金をはじめとした債務整理のプロによるフォローによって生活に差しさわりのない料金となっているため、どれくらい毎月支払えるようになるのか、事前にある程度のところまで法律の専門家に話を聞いてもらうことが望ましいといわれています。
債務整理を的確に行えるように法律関係者との話し合いによって、3年以内での返済を目指しましょう。

オーテックの事業内容をご紹介
事業内容を詳しく記載している沿革サイト

オーテックメカニカル|精密加工機

対して個人民事再生とは、裁判所に許可をもらって債務を減額してもらう行為のことをさします。
債務の支払いに関しては弁護士や司法書士にサポートをしてもらい、大幅に減額された債務を毎月の給料から支払う形となっているのが特徴です。
個人民事再生を利用できる人としては、住宅ローンを除く債務の残高が5千万円未満の人で、返済不能になるかもしれない人、継続して定収入がある人となっています。
住宅などの大きな資産を手放さずに債務を整理できることと、保証人ではない限り家族に迷惑をかけずに返済を済ませることができるのがメリットです。
自己破産の場合には、全ての債務を免除してもらうために裁判所の許可が必要となります。
財産はある程度お金に買えて債権者に渡す形となるため、裁判所で定めた基準を超えない資産以外は全て手放すことになるのが特徴です。
過去7年間免責を受けておらず、支払い能力が存在していないと裁判所が認めた人が対象となります。
ただし、保証人として名前を連ねていない家族には影響はないため、家の名義が家族であれば売る必要はありません。
それぞれの特徴を理解して活用することが望ましいといえるでしょう。

Page Top