前へ
次へ

債務整理の四つの手続きとは

借金の減額をしたり返済に猶予を持たせたりして、借金のある生活から人を救出するための手続きのことを債務整理といいますが、これには四つの手続きがあります。
その一つが過払い金請求と呼ばれるもので、本来支払う義務がないにも関わらず賃貸業者に対して支払った過払い金を返還請求するための手続きのことです。
この手続きをすることによって過払い金が戻ってくる可能性もあるため、自分に過払い金がある場合はこの手続きを行うことができます。
また債務整理には、金利の引き直しや借金の減額などの交渉により返済金額を減らすために行う任意整理と呼ばれる手続きもあります。
債務整理には民事再生という手続きもありますが、これは借金の返済が困難であるということを裁判所に認めてもらうことにより減額された借金を分割で返済していくための手続きとなっています。
債務整理のもう一つの手続きとして自己破産と呼ばれるものがありますが、これは自分に財産がないために返済ができないことを裁判所に認めてもらうことで、法律上返済義務を免除してもらうための手続きです。
自己破産の手続きをすると、高価な財産を手放すことが求められるとはいえ、これから入ってくる収入は生活費に充てることができるというメリットがあります。

Page Top