前へ
次へ

債務整理をすることで受けるデメリット

債務整理を利用することでデメリットがあります。
そのひとつにカード、あるいはローンが組めないということが生じます。
これは、ブラックリストに載ることを通して所定の期間受けることになる借金に向けての制約といえます。
ブラックリストに載るという意味は債務整理の最も大きいデメリットと言われており、カードあるいはローンが組めないことを通じて大きな制約を受けることになります。
まず、銀行や消費者金融などから、ありとあらゆるローンで新たな形で借金することができなくなります。
つまり、審査を突破できなくなってしまいます。
また、既にお持ちのクレジットカードは利用できなくなって、新規申込みを入れても審査を突破できなくなります。
債務整理を行ってしまうと、金融事故があった事が個人信用情報機関のデータベースへとエントリーされることになります。
こうした登録された状況をブラックリストに載ると言って、エントリー除かれるまでは、カード並びにローンが組めない状況が続くことになります。

Page Top