前へ
次へ

債務整理における債権者の消極的同意の意味

金融機関がお金を貸すのは当然ながら利息収入を得るためです。
お金を貸すのはリスクもありますが、利息収入が得られればそれで会社の利益が増え、従業員にも給料が払えるでしょう。
お金の貸し出しをしている会社はいかにリスクのない相手に貸し出しをしてきちんと回収をするかを考えているはずです。
しかしすべての相手から返済を受けられるとは限らず、時には相手に債務整理をされて返済してもらえないときもあります。
法律上の手続きなので、従うしかないでしょう。
債務整理の中で債権者の消極的同意との言葉が出てきます。
これが出てくるのは個人再生を選択したときで、裁判所を通して各債権者に対して再生案を提示します。
するとそれぞれの債権者はその案に同意するしないを伝え、過半数が同意すればすべての債権者が同意したとして手続きが行われます。
消極的同意は再生案に同意しないと伝えたものの過半数で同意が決まってしまった状態を指します。
同意が半数に満たなければ再生案は実行されません。

Page Top